管理職おすすめの仕事に役立つ本100冊+

現役課長が身銭を切る価値のあるのおすすめ本だけを紹介するページ(社会人向け)

ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力 帚木蓬生 著

1.はじめに

ネガティブ・ケイパビリティとは、「どうにも答えの出ない、どうにも対処しようのない事態に耐える能力」を指します。あるいは、「性急に証明や理由を求めずに、不誠実さや不思議さ、懐疑の中にいることができる能力」を意味します。

目の前に、わけの分からないもの、不可思議なもの、嫌なものが放置されていると、脳は落ち着かず、及び腰になります。そうした困惑状態を回避しようとして、脳は当面している事象に、とりあえず意味づけをし、何とかわかろうとします。ネガティブ・ケイパビリティは、そのわかろうとする能力とは裏返しの能力です。

この言葉自体は、カウンセリングを学習している際、講義の先生から教えていただき、不勉強ながら初めて聞く言葉であったため、本書を読んで勉強しようと思い購入しました。

2.内容

(1)精神科医ビオンの再発見

  • お互いに”頂点(ものの見方)”を持った人間と人間が言葉を交わすのが精神分析。そこに起きる現象、さまざまな感情や表現のどのかけらでも見逃してはならない。このとき分析者が保持していなければならないのがネガティブ・ケーパビリティ。
  • つまり、不可思議さ、神秘、疑念をそのまま持ち続け、性急な事実や理由を求めないという態度ネガティブ・ケイパビリティが保持するのは、形のない、無限の、言葉では言い表しようのない、非存在の存在。この状態は、記憶も欲望も理解も捨てて、初めて行き着ける

(2)分かりたがる脳

  • 幼い頃から私たちが受ける教育は、記憶と理解、そしてこうなりたい、こうありたいという欲望をかけたてる路線をひた走りしている。これを後押ししているのは、実を言えば教育者ではなくヒトの脳。私たちの脳は、ともかく何でも分かろうとする。分からないものが目の前あると、不安で仕方ない
  • ネガティブ・ケイパビリティは拙速な理解ではなく、謎を謎として興味を抱いたまま、宙ぶらりんの、どうしようもない状態を耐え抜く力。その先には必ず発展的な深い理解が待ち受けていると確信して、耐えていく持続力を生み出す。

(3)ネガティブ・ケイパビリティと医療

  • 主治医の処方を<日薬>と<目薬>で表現する。何事もすぐには解決しない。数か月、数年治療が続くこともある。しかし、何とかしているうちに何とかなるもの。これが<日薬>。
  • もう一つの<目薬>は、「あなたの苦しい姿は、主治医であるこの私がこの目でしかと見ています」ということ。ヒトは誰も見ていないところでは苦しみに耐えられない。ちゃんと見守っている眼があると、耐えられるもの。

(4)身の上相談とネガティブ・ケイパビリティ

  • 身の上相談には、解決法を見つけようにも見つからない、手のつけどころのない悩みが多く含まれている。主治医としては、この宙ぶらりんの状態をそのまま保持し、間に合わせの解決で帳尻を合わせず、じっと耐え続けていくしかない。耐えるとき、これこそがネガティブ・ケイパビリティだと、自分に言い聞かせる。
  • 耐えているとき、私自身の精神科医としての記憶も理解も欲望も、消え去っているような気がする。あるいのは目の前にいる生身の患者さんのみで、ひとりひとりの個性があり、ひとりひとりを取り巻く環境も違っている。その人が口にする言葉を、毎回毎回、来院のたびに味わい尽くすだけ
  • どうにもならない身の上相談の患者さんが来たとき、治療ではなくトリートメントをしてあげればいい。傷んだ心を、ちょっとだけでもケアすればいい。いつか希望の光が射してくることを願い、患者さんに「めげないように」と声をかけ続ければいい。

(5)希望する脳と伝統治療師

  • 分かるために欠かせないのは意味づけ。意味が分からないままでは、心は落ち着かない。だからこそ、人は不可解なものを突き付けられると、何とか意味づけしようとする。この意味づけの際によく起こるのが、希望の付加。中立ではなく、希望的観測のほうに意味づけする。
  • 何もできそうもない所でも、何かをしていれば何とかなる。何もしなくても、持ちこたえていける。どうにもならない宙ぶらりんの状況でも、持ちこたえていけば、いつかは好転するはず。それも、私たちの脳に、希望に向けてのバイアスがかかっているから。
  • プラセボ’(偽薬)効果を生じさせる必要条件は、「意味づけ」と「期待」。治療を受けているのだと患者さんが感じ、病気が軽減されるという期待を持ったとき、脳が希望を見出して、生体を治癒の方向に導くのだと考えられる。

(6)教育とネガティブ・ケイパビリティ

  • 教育が目指しているのは、ポジティブ・ケイパビリティの養成。平たい言い方をすれば、問題解決のための教育。
  • 問題解決が余りに強調されると、まず問題設定の時に、問題そのものを平易化してしまう傾向が生まれる。単純な問題なら解決も早いから。このときの問題は、複雑さをそぎ落としているので、現実の世界から遊離したものになりがち。言い換えると、問題を設定した土俵自体、現実を踏まえていないケースが出てくる。
  • ところてん式の進級と進学に輪をかけているのが試験。この試験突破こそが、学習の最終目標と化してしまうと、たしなみ、素養としての教育ではなくなる。問題解決のための学習、勉強になってしまう。
  • 教育の現場に働いているのは、教える側の思惑。もっと端的に言えば「欲望」。教える側が、一定の物差しを用いて教え、生徒を導く。しかしここには、何かが抜け落ちている。世の中には、そう簡単には解決できない問題が満ち満ちているという事実が、伝達されていない。前述したように、むしろ人が生きていくうえでは、解決できる問題よりも解決できない問題のほうが何倍も多い。
  • 研究に必要なのは「運・鈍・根」。「運」が舞い降りてくるまでには、辛抱強く待たねばならない。「鈍」は文字通り、浅薄な知識で表面的な解決を図ることを戒めている。最後の「根」は根気。結果が出ない実験、出口が見えない研究をやり続ける根気に欠けていれば、ゴールに近づくのは不可能。運・鈍・根は、ネガティブ・ケイパビリティの別な表現と言っていい。

(7)再び共感について

  • ヒトは生物として共感の土台には恵まれているものの、それを深く強いものにするためには、不断の教育と努力が必要になる。この共感が成熟していく過程に、常に寄り添っている伴走者こそが、ネガティブ・ケイパビリティネガティブ・ケイパビリティがないところに、共感は育たないと言い換えてもいい。

3.教訓

どうしても、解決思考で物事を考え、「自分だったらこうするのにな」「早くこうすればいいのに」と思ってしまうと、目の前の相手に共感することはできません。

わかったつもりで途中から自分の意見を話し始めるとと、相手は「もっと自分のことを話したいことがあったのに」と感じてしまいます。また、自分の意見が相手が希望する解決方法だとは限りません。まずは相手の想いを吐き出してもらうことが必要です。

まずは宙ぶらりんの状態を耐え、

  • 解決策を言えるタイミングは後で来る
  • もっと話を聞くとほかによい解決策がでてくるかもしれない
  • 解決策は相談者が持っている

と信じて、自分の考えは脇に置いて話を聞く態度が重要です。

また、経験だけを聞いても共感できないこともあり、どう感じたのかをセットで聞くことで、自分の知らない話題でも、「それは〇〇ですね」という、共感をことばで伝えるようになると思います。

ネガティブ・ケイパビリティという概念を学び、人の話を聞き方として少し考え方を変えることができるようになる、良本であると思います。

40代をあきらめて生きるな 永松茂久 著

1.はじめに

自身は40代のため、タイトルに惹かれて本書を読みました。

20代向け・30代向けなどもありますので、適宜自身にあった本を手に取っていただくのがよいかと思います。

また、40代の本書も、女性向けのコンテンツだけで50ページほど割かれていますので、普段はこういったジャンルを読むことの少ない女性の方も、参考になる話も多いのではないかと推察します。

2.内容

(1)40代に必要な考え方、捨てるべき考え方

  • 40代にとって最も捨てるべきものを、あいうえおにまとめた。
  1. あ:焦り
  2. い:いじけ
  3. う:上から目線
  4. え:遠慮
  5. お:怖れ
  • 人と比べない。たしかにそれができれば、それに越したことはない。しかし、おそらく多くの方にとってそれは無理。だから、私はあえて「比べてもいい」と断言する。うらやんでもいい。そしてその自分を責めなくていい。その感情を無理に抑え込むことは、現実的に無理がある。
  • 30代までは仕事がある程度、自分ひとりの直線的な動きで済むものだったのに対し、40代からは円を描いて、まわりの人たちを巻き込みながら進んでいく曲線型に変わる。40代になると「いかに自分のフォースを蓄えるか」よりも、まずは「いかに自分にとって無駄なものを整理整頓するか」が最優先事項となる。
  • 相手と「なんだか合わないな」と感じたら、遅かれ早かれその相手から「離れる」ことを選択していい。そこに必要以上の罪悪感を抱く必要はない。無理に寄り添うことも、相手のいいところを探す必要もない。必要以上に自分の感情を押し込めすぎると、心が疲弊してしまう。
  • いいじゃないか、つきあいが悪くたって。無理して気が乗らないところに行く必要などない。気乗りしないところばかりに行っていると、自分を抑え込んでまわりに合わせようとする「偽りの自分」になってしまう。

(2)40代は歳下から学べ

  • 40代になると、完全に「歳上より、歳下や女性に対してどれだけの人望を得ることができるか」が幸・不幸を決める分岐点になる。歳下でも、フラットな目線で見ればすごい人はたくさんいる。その人たちが「あなたのためなら」と言ってくれる人間になるということは、彼らの力があなたに乗っかったようなもの。
  • 年齢に関係なく伸び続けていく人は、共通して年齢や性別で人をジャッジしない。「次世代は優秀」、このことを念頭に置いて生きるだけで、世の中はさまざまな新しい発見をさせてくれるお師匠さんだらけになる。
  • 人は成功からも学べるが、それ以上に失敗から学べることのほうが多い。なぜ失敗したのか、その失敗からどう立ち直ることができたのか、ということを伝えることで、聞く相手の頭のなかでマインドリハーサルをする。そして、その轍を踏まない知恵を身につけることができる。
  • 笑顔でうなずく。このアクションは相手に絶大な安心感を与える。人は、自分に何かを与えてくれる人に必然的に魅力を感じるようになる。人は、流暢に話す人にはリスペクトは抱くが、確実に愛着を感じるのは、笑顔でうなずいてくれる人のほう。
  • 男性は特に、自分の地位や過去の自慢話をしてしまいがちな生き物。こういう人はまずどこへ行っても相手にされない。そして、いくらいま地位やお金があったとしても、こういう人はおそらくどの場所でもそういう振る舞いをし、どんどん居場所がなくなっているに違いない。
  • どんなことがあっても「いばらない」こと。「地位や勲章は単なる役割」と考えておく。「このポジションが持つ権限を使って、どうまわりの役に立てるだろう?」といつも考える癖をつけよう。
  • 「地位が高い人は立てなければいけない」という無意識の刷り込みがあるから、人は悪気なくあなたをチヤホヤするかもしれない。しかし、それを「調子に乗るか、謙虚になるか」という、天からの引っ掛け問題と思っておけばいい。

(3)40代は女性が輝く10年間

  • 間違いなく、今後は男性中心のパワー軸社会から、女性中心の”共感型社会”に変わる。つまり、時代を支配する社会的価値観が「どっちが勝つか、負けるか」という基軸から、「どれだけいいものをシェアできるか」という基軸に移り始める。とにかく「女性だから」と上から目線で接する人たちの時代は既に終わった。
  • 働く女性として大切にしている3つのこと
  1. 子どものことで悩む時間があるのなら、その時間を自分の好きなことや人生の生きがいにあてるように心がけること。
  2. 子どもがどんな状態であったとしても、母親自身が巻き込まれないようにしっかりと自分を律すること。自分の機嫌は自分で取りながら明るく生きること。
  3. 子どもの出来不出来に関係なく、どんなときも一番の味方でいること

(4)これまでの延長ではうまくいかなくなる、40代の仕事論

  • もちろん仕事によって関わる人の数の多少はあるものの、ひとりで成し遂げることができる仕事など皆無と言っていい。たとえば幸運にもあなたが花形ポジションを任されたとしよう。そのときに、まわりへの「おかげさま」と「感謝」、そしてできる限りの人に花を持たせることを忘れないようにしよう。そんな感謝のない人に、いつまでも力を貸してくれるほd、世の中は優しくはできていない。
  • 人にお願いし、任せる力をつけよう。苦手な分野を埋めようなどと考えるのではなく、仕事に精通している人にお願いすればいい。苦手なら、得意な人を探せばいい。そういう人にお願いすることで、人の出番をつくることにもつながる。「あなたの苦手は誰かの得意」。
  • 周りの第一陣が踊り始めたとき、言い出しっぺは踊りをやめ、静かにそのメンバーの盛り上がりのバックフォローに回ることが大切。いつまでも言い出しっぺがひとりでがんばるということは、第一陣の盛り上がりを抑え込んでしまうということになる。ムーブメントを起こす上で一番大切なのは、実はリーダーではなく、このリーダーを取り巻く第一陣の力だということになる。

(5)40代をあきらめて生きるな

  • 人生の最期を迎えるとき、人が後悔することの一番の理由が、「まわりの目ばかりを気にせずに、もっとやりたいことをやればよかった」というもの。「やりたいことをやらない、つまり、それをあきらめることで得られるほど大切なものは何なのか?それほど得なものなのか?」ということを考えてみる。
  • 仕事を単なるご飯を食べるための、所得を確保するためのものと捉えるか、もしくは自分の人生を自分らしくデザインするためのものと捉えるかで、人生の充実度は大きく変わる。
  • ギブアンドシェアの連鎖は、奪い合うものではなく、キャンドルサービスのようなもの。自分の火をまわりに灯すことで、自分を中心にまわりがどんどん明るくなっていく。もし自分の火が消えそうになったとしても、それはまわりの人が再び灯してくれる。

3.教訓

最近本当に感じるのは、人はひとりでは仕事が完結しない、ということです。

また、管理職になると自分で実際に手を動かすことは減っていき、仕事を進めていて「ここが問題だ」と感じることがより強く出るのは、実際に作業をしている実務者の感覚のほうだと思います。

そのため、例えば、誰かがお休みのときに代わりに実務を担当すると、「あぁ、毎回こういった細かい対応をしてくれたんだな。この前に課題認識してくれていたのはこのことだったのか。」とありがたみを感じることができます。たまに担当業務を実際に経験してみるのは、自身の新たな気づきにつながります。

今さら弱みを補完しようとは考えず、できる人に頭を下げてお願いし、自分だけが頑張るのではなく、自分も周りもハッピーになるやり方を考えていこう、と思います。特に調子に乗って裸の王様だけにはならないように注意したいと強く感じました。

アイデアのつくり方 ジェームス・W・ヤング著

1.はじめに

本書は数年ほど前に買って、一度読んだだけで本棚にしまいこんでいました。

しかし、業務フローを改善したり、新たな組織に業務移管したりと、いろいろと考えることが増え、どう対処すればうまく行くかを考える際に本書のことを思い出し、再読するに至りました。

以前に読んだときより、本書の意味するところがよりよくつかめたような気がします。

以下では、どうすればよいアイデアが手に入るのかについて、印象的だった部分を引用していきたいと思います。

2.内容

  • イデアの作成はフォード車の製造と同じように一定の明確な過程であるということ、アイデアの製造過程も一つの流れ作業であること、その作成に当たって私たちの心理は、習得したり制御したりできる操作技術によってはたらくものであること、そして、なんであれ道具を効果的に使う場合と同じように、この技術を修練することがこれを有効に使いこなす秘訣である、ということ。
  • パレートは、この世界の全人間は二つの主要なタイプに大別できると考えた。1つは「スペキュラトゥール」(投機的タイプの人間)で、このタイプの顕著な特徴は、パレートによれば、新しい組み合わせの可能性につねに夢中になっているという点。
  • もう一つのタイプは「ランチェ」(株主)。この種の人々は、彼の説によると、型にはまった、着実にものごとをやる、想像力に乏しい、保守的な人間で、先にいった投機的な人々によって操られる側の人々。社会構成グループの総括的説明としてのパレートのこの学説の妥当性をどのように考えるかは別として、誰しもこの二つのタイプの人間が現実に存在することは認めるにちがいない。
  • どんな技術を習得する場合にも、学ぶべき大切なことはまず第一に原理であり第二に方法である。これはアイデアを作りだす技術についても同じこと。特殊な断片的知識というものは全く役に立たない。
  • 知っておくべき一番大切なことは、ある特定のアイデアをどこから探し出してくるかということでなく、すべてのアイデアが作りだされる方法に心を訓練する仕方であり、すべてのアイデアの源泉にある原理を把握する方法
  • 事物の関連性が見つけられると、そこから一つの総合的原理をひきだすことができるというのがここでの問題の要点。この総合的原理はそれが把握されると、新しい適用、新しい組み合わせのカギを暗示する。そしてその成果が一つのアイデアとなるわけである。だから事実と事実の関連性を探ろうとする心の習性がアイデア作成には最も大切なものとなる。
  • 心の技術は五つの段階を経過してはたらく。大切なことはこれら五つの段階の関連性を認め、この五つの段階を私たちの心は一定の順序で通り抜けるという事実-本当にアイデアを作成したいのなら、この五つのどの段階にもそれに先行する段階が完了するまで入ってはいけないという事実-を把握すること。
  1. 資料集め:一つのアイデアを構成するということはつまり私たちが住んでいるこの万華鏡的世界に一つの新しいパターンを構成するということ。このパターン製造機である心の中に貯えられる世界の要素が多くなればなるほど、新しい目のさめるような組み合わせ、即ちアイデアが生まれるチャンスもそれだけ多くなる
  2. 心のなかで資料に手を加えること:資料集めという職人的な仕事、つまり第一段階での仕事を実際にやり遂げたと仮定して、次に心が通り抜けねばならぬ段階は、これらの資料を咀嚼する段階。この段階を通り抜けるとき、まずちょっとした、仮の、アイデアが諸君を訪れてくる。それらを紙に記入しておくこと。どんなに突飛に、あるいは不完全なものに思えても一切気に留めないで書きとめておく。これらは生まれてくる本当のアイデアの前兆であり、それらを言葉に書きあらわしておくことによってアイデア作成過程が前進する。
  3. 孵化段階:アイデア作成のこの第三段階に達したら、問題を完全に放棄して何でもいいから自分の想像力や感情を刺激するものに心を移すこと。第一の段階で食料を集めた。第二の段階ではそれを十分に咀嚼した。いまや消化過程が始まったわけで、そのままにしておくこと。ただし胃液の分泌を刺激すること
  4. イデアの実際上の誕生:その到来を最も期待していないときに訪れてくる。アイデアの訪れてくるき方は、アイデアを探し求める心の緊張をといて、休息とくつろぎのひとときを過ごしてからのこと。
  5. 具体化・展開させる段階:そのアイデアを実際に力を発揮しなければならない場である現実の過酷な条件とかせちがらさといったものに適合させるためには忍耐づよく種々たくさんな手をそれに加える必要がある。この段階までやってきて自分のアイデアを胸の底にしまいこんでしまうような誤は犯さないようにして頂きたい。理解ある人々の批判を仰ぐこと。良いアイデアはいってみれば自分で成長する性質を持っている。良いアイデアは人々を刺激するので、その人々がアイデアに手を貸してくれる。自分では見落としていたそのアイデアの持つ種々の可能性がこうして明るみに出てくる。

3.教訓

本文だけなら10数分、解説も含めて30分あれば読み終わるくらいの分量です。

ただ、この本はさらっと読めば知識がつく、アイデアが湧くようになる、という筋のものではありません。読み終わったその日から、アイデアを出そうと日々意識し、継続的に努力・修練することが求められます。

イデアは単にセンスのあるなしで左右されるものではありません。アウトプットのために日々インプットするのも大事ですが、やみくもに貯めればいいものでもありません。つながりや組み合わせを意識し、思いついたことを紙に書き留めながら、常に頭を働かせることが重要です。

また、何かしらアイデアを思いついたのなら、批判されるのを恐れず、前に出すことが大切です。「こんなこと言ったら笑われないか」「批判を受けるのではないか」と思っていたら、頭の中に留まってしまい、そのアイデアが日の目を見ることはありません。他者の厳しい目にさらされ、反対意見もうまく取り入れながら、関係者との共同作業によって仕上げていくことで、そのアイデアがより堅固になります。

以上のことがよく理解できる良本です。